「コンテンツ管理」に使う「CMS」について

2018.10.03

Web制作

CMS

CMS,コンテンツ管理

こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

近年、様々なサービスやビジネスにおいて「電子化」が進んでいます。
電子カルテや電子決済などもその一つと言えます。

茨城県庁が決済業務をほぼ100%電子化に成功したと発表しました。

取り組みは今年の4月からで、わずか半年ほどで100%近くまで「電子化」を成功させました。

以前までは、重要な情報以外でも上長の決済を取るまでに非常に時間がかかっていたとのことです。

今まで書類ベースで管理していたものを「電子化」することで業務効率もさることながら、紙の削減にもつながっています。

日本政府をとってみても、2014年から始まったこの取り組みですが当初は50%の決裁率を2016年には90%近くまでに「電子化」に成功しています。

決裁数は年間で約900万近くあり、その部分を効率化するだけでもかなり削減になります。
これらの削減により「テレワークの実施」「改ざん防止」「文書検索の向上」などメリットが非常に多い模様です。

多くの方面で「電子化」の必要性が高まっております。

本日のテーマは、「コンテンツ管理」に使う「CMS」についてご紹介させていただきます。

◆テーマ:「コンテンツ管理」に使う「CMS」について

1.「コンテンツ管理」として使う「CMS」

2.「CMS」で管理する「コンテンツ管理」

3.「CMS」で「コンテンツ管理」する上で必要となってくる機能

4.まとめ

1、「コンテンツ管理」として使う「CMS」

「コンテンツ管理」として使う「CMS」を紹介する前に「CMS」について簡単にご紹介させていただきます。

「CMS」は、従来までに「HTML」や「CSS」と言った言語の知識が無ければ
「画像」や「テキスト」を「ホームページ」に掲載することができませんでした。

一方で「CMS」は、このような知識が無くても「ホームページ」を登録や更新がだれでも簡単に作成することを実現しました。

「CMS」は「Contents Management System」の略で「コンテンツ管理システム」とも呼ばれているように
様々なコンテンツを管理することを可能にしたシステムです。

今までは「HTML」などの言語を理解した人間では作成できなかったものを、その知識が無くても作成することができるようになったことで多くの人たちが「ホームページ」や「コンテンツ管理」をすることができるようになりました。

このことで「コンテンツ管理」を「CMS」で管理することが一般的になりました。

「CMS」を利用することで、複数人の人たちで「ホームページ」を管理することが実現することができます。

あるコンテンツは担当者をつけたり、別のコンテンツは多くに人たちで更新するなどということも実現可能です。
言語の知識が無くても、ある程度の作業を覚えてしまえば気軽に「コンテンツ」の登録や更新することが可能です。

「コンテンツ管理」することが簡単にできるのが「CMS」です。

次に「CMS」では、どのような「コンテンツ管理」が可能かをご紹介させていただきます。

2、「CMS」で管理する「コンテンツ管理」

企業向けの「CMS」は、カスタマイズが可能なものが多いです。

数多くの「コンテンツ管理」をすることが多いので、ヒューマンエラーを無くすような機能などがあります。

例えば、ご自身が作成したコンテンツを上長に確認を取ってから「ホームページ」に公開するという
公開承認の申請を上げたりする機能やすでに存在しないURLなど判別して注意喚起を促す機能、
商品やサービスなどを紹介するページを公開する時間や終了する時間を決めたりする機能など様々なものがあります。

復数人でやるからこそ、ミスやヒューマンエラーが発生するのが一般的です。
それらをカバーしてくれるのも「CMS」の強みとも言えます。


「CMS」で「コンテンツ管理」をするとメリットも生まれます。

【1.サイトデザインに統一感をもたせる】

「CMS」では、あらかじめテンプレートと呼ばれる最初からデザインができあがったものがあります。
このテンプレートに、テキストや画像を追加していきます。

テンプレートはデザインが決まったものを使うので、デザインが全く違うページができあがったりすることは少ないです。
また、テンプレートなのでデザインを若干変更したい場合などは一括で変更することも可能です。

どのようなものを訴えていくかなどのルールがサイトに存在した場合などは、導入時期からそのルールを決めておけば担当者が変更になったとしてもそれを引き継ぐことが可能となっております。

【2.最適なSEO対策が可能】

「CMS」で「コンテンツ管理」をすると、SEO対策を最適化することが可能です。

「HTML」を触ることなく、管理画面などでキーワードやディスクリプションの設定変更が可能です。
登録後に反映するので、Googleなどの検索エンジンにも認識させやすいという効果もあります。

「CMS」以外だと、ソースを修正したりなど時間がかかったり制作会社のSEOのノウハウに依存することがあるのでなかなか上位表示されなかったり最悪の場合、検索順位が下がったりすることがあります。

「CMS」を利用した方が、スムーズに検索結果の上位に表示されることがあります。

【3.コンテンツ内容ごとにサイト更新者を分けられる】

「CMS」の強みの一つとして、復数人で更新が可能ということがあります。
このことは、企業においてとってみると非常に有益と言えます。

例えば、デザイナーの知識が高い人はデザイナーの「コンテンツ」を作成したり
プログラミングの知識が高い人は「プログラミングのブログ」を作成したりなど
コンテンツ自体の質を上げることができます。

最近では「コンテンツマーケティング」と呼ばれる言葉がでてきているように、
「ブログ」という「コンテンツ」から情報を発信してユーザーに訴求を求めたりすることも増えてきてます。

「ブログ」の一つをとってみても、社内の情報を発信するだけではなく採用情報や技術的な内容を発信したりすることで
ユーザーに安心感を促進したりすることも可能です。

これらの場合、復数人で更新することがほとんどですのでサイト更新者を分けることができる「CMS」が強みが発揮できます。

「CMS」で「コンテンツ管理」することで生まれるメリットは多いです。

複数人で登録・更新するケースの場合、ミスやエラーを防止することも可能になっております。

サイトデザインに統一感をもたせたり、最適なSEO対策をとることができたり複数人で「コンテンツ」を作成しても
それを管理したりすることも「CMS」で「コンテンツ管理」するメリットとも言えます。

近年の「CMS」はサイト更新の扱われ方だけではなく、「コンテンツマーケティング」などの情報発信のツールの側面も必要となってきております。

そこで次に、「CMS」で「コンテンツ管理」する上で必要となってくる機能をご紹介させていただきます。

3、「CMS」で「コンテンツ管理」する上で必要となってくる機能

近年の「CMS」は「コンテンツ管理」や「ホームページ」を更新できるだけではなく、
いかに更新頻度を高めていくかも必要となってきております。

Googleなどの検索エンジンも、以下のことを考慮して検索順位を決めているとも言われております。
・「コンテンツの更新頻度」
・「サイトアクセス数」
・「質の高いコンテンツが充実していているか」

コンテンツの更新頻度を下げずに更新することやサイトにアクセスしてきたユーザーに合わせたコンテンツを提供しているかなどのマーケティング要素が合わさった「CMS」が今後求められていく傾向です。

今後の「CMS」は、「コンテンツ管理」だけではなくマーケティング要素も兼ね備えたものが増えていく傾向です。
作成して満足するのではなく、いかに魅力的なサイトになるかをトライアンドエラーしていきながらユーザーにコンテンツ内容をアピールしていくことが必要になってきます。

「CMS」では、言語などの知識が無くても複数人で更新することができるシステムです。

「CMS」は複数人で更新することからエラーやミスを防ぐ機能も兼ね備えています。
「サイトデザインの統一感」をもたせたり、「SEOの最適化」「コンテンツ内容を分担化」などのメリットがあります。

近年の「CMS」は「サイト更新」だけではなく、更新頻度を高めたりユーザー数を増やしたりするマーケティングの要素が求められています。

弊社では「CMS」を複数人で管理が可能だったり、「コンテンツ管理」の機能が数多く取り揃えています。
また、マーケティング要素の機能なども兼ね備えおります。

「CMS」で「コンテンツ管理」を行っていきたいなどご用命がありましたら、ぜひご相談ください!

まとめ

1.「コンテンツ管理」として使う「CMS」

2.「CMS」で管理する「コンテンツ管理」

3.「CMS」で「コンテンツ管理」する上で必要となってくる機能

4.シフトでは「CMS」で開発し導入実績は400社を越えている

本日のブログで、「CMS」を使った「コンテンツ管理」について理解を深められたら幸いです。


「CMS」を検討している

「CMS」を複数人で運用したい

マーケティング要素も含んだ「CMS」を探している

まずは一度、ご相談頂ければご対応させて頂きます。


ご不明点などあればお気軽にご連絡頂ければと思います。

「CMS」の情報について、連載していきますのでぜひこれからも読んでいただければ幸いです!

ご質問・ご相談は、
お気軽にどうぞ
とりあえず詳しい資料がほしい
こんなことはできる?
一度話を聞いてみたい
パッケージの詳細が知りたい

03-5847-1281
営業時間:平日9:30~18:30

メールフォーム 24時間365日受け付け