「CMS」のカスタマイズとは?

2018.10.31

CMS

CMS,カスタマイズ

こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

アマゾンジャパンが10月25日から、プライム会員限定で衣料品を購入前に事前に試着をして購入する
サービス「プライムワードローブ」の提供を始めました。

メリットとしては、試着後にお支払いができたりすることや送料や洋服などの返送料も無料で使えたり
返送も簡単にできることなどがあります。

まとめて試着できる上、返送料もかからないので気軽に試着することを可能にしております。

わざわざ、ショップなどに行かなくてもお家で人を気にすること無く気軽に商品を選べるのが
非常に良いサービスだと思いました。


それでは本日のテーマは、「CMS」のカスタマイズについてご紹介させていただきます。

◆テーマ:「CMS」のカスタマイズについて

1.「CMS」のカスタマイズとは?

2.「CMS」のカスタマイズで必要な「CMS」の設計

3.最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法

4.まとめ

1、「CMS」のカスタマイズとは?

「CMS」のカスタマイズとは、どの部分がカスタマイズができてどのように行うかをご紹介させていただきます。

「CMS」のカスタマイズには、大きく分けて「Webデザイン面」と「サイトの機能性」が当てはまります。

・「Webデザイン面」
ニュース情報などのコンテンツはその記事によって長さは異なることが多いです。
全ての記事を同じ文字数にすることは非常に難しいです。

Wordなどであればご自身である程度、意識をして改行を入れて内容を分かりやすいようにすることが出来ます。
しかし「CMS」では、そうはいきません。

20文字を限度に改行を入れるなどの制御を入れないと、横に文字が羅列されたりする場合や意図しない改行が入ることもあります。
更新の効率性やユーザーの見た目などを考えると、制御を入れたりする「カスタマイズ」が必要となります。


・「サイトの機能性」
「CMS」でECサイトを構築した際、ある商品は商品数が多いがそれ以外の商品は商品数が少ない場合もあります。
その場合に商品を全て表示すると統一感が取れなくなり、ユーザーからは「見にくいサイト」になることもあります。

運営者側からすると、商品を登録する時間の問題や商品数自体が少ないなどで商品点数がバラバラになる可能性もあります。

それらを解決するためには、「CMS」をカスタマイズしておく必要があります。
例えば、最低限の商品数が10件の場合、10件ごとにページを移動させたりスクロールなどで表示したりすることで
ユーザーは分かりやすい見やすいサイトになり、ユーザー側・運営者側にとっても「CMS」の恩恵を受けることができます。

デザインは目で見えるものではなく、ページを構成や設計するという意味にもあたります。
この「カスタマイズ」を実施するためには、開発の前段階で「CMS設計」という業務が必要になります。

「CMS設計」は見た目の見え方だけではなく、クリックした際のどこのページに移動すればいいのか、

どのような動きになるかとをプログラムを含めた「CMS」の設計が必要となります。

クライアント様の目的、展望や目的などを把握出来ることはもちろんのこと、

最適化された「CMS」のカスタマイズが可能になります。

「CMS」のカスタマイズには、「Webデザイン面」と「サイトの機能性」があります。

「CMS」のカスタマイズすることで、ユーザーも運営者にも利点がでてきます。

これらの問題を解決するのに重要なのが「CMS」の設計になります。

「CMS」の設計はクライアント様の要望を汲み取って、サイトのデザインや動作を決めていくものになります。
これを行うことで最適な「CMS」を構築することが出来ます。

それでは次に「CMS」のカスタマイズで必要な「CMS」の設計がどのようなものかをご紹介させていただきます。

2、「CMS」のカスタマイズで必要な「CMS」の設計

「CMS」の設計は、クライアント様からサイトにて行いたいことや目的などを把握した上で、
サイト運営者の負担を軽減しながらもユーザーにも負担がかかりにくく分かりやすいサイト構成をふまえて「CMS」の設計を行っていきます。

自社で作成しているプラグインや更新頻度なども考慮してなど多方面から「CMS設計」を行っていきます。
いかにサイト運営者の負担を軽減しながらユーザーに不快感なくサイトを閲覧してもらうことが設計者にとって大切なことです。

「CMS」のカスタマイズはサイト制作前から必要な場合もありますが、サイトが公開されてから「カスタマイズ」するケースもあります。
サイト公開時は最低限の構成にしておき、後々に「カスタマイズ」するケースもあるのでそのことも念頭においておく必要があります。


「CMS設計」を行うことで重要なことがあります。

【1.Web知識が少ない人でも運用出来るように設計するに心がける】

カスタマイズしやすい「CMS」は、ワードプレスやムーバブルタイプが挙げられます。

サイト運営者からヒアリングを十分に行い、運営負担を減らしていけるかを検討していきながら
開発やカスタマイズの段階に入っていくのが通常です。

知識が少ない方でも操作ができるようにしていくのが「CMS」の設計で重要です。

【2.スムーズにリニューアルできる方法を考える】

リニューアルだからといって全てリニューアルさせるのではなく、ある箇所は残しながらも
「CMS」をリニューアルさせていくというケースもあります。

既存ページからリニューアルページへの移行というケースがそれにあたります。

この場合には、開発やカスタマイズ段階でデータベースを一括で変更したりデータを入力したりして
大変な作業を避けてスムーズにリニューアルさせるなどの技術もあります。

現状の部分は残しながらも、スムーズにリニューアルを成功させるために必要な方法を考えるのも
「CMS」の設計で必要な業務の一つです。

【3.サイト運営者のレベルに合わせた「CMS設計」】

ユーザー側にはサイト流行りや見やすいサイトのレイアウトやデザインを心がけますが、
サイト運営者側は、いかに登録や更新がしやすいかなどを意識します。

それだけではなく、今後のカスタマイズを考えてカスタマイズしやすい仕様にしておくことも重要になってきます。

「カスタマイズ」には、様々な手法があります。
デザインやコーディングは他の制作会社で行ってもらい、「CMS設計」のみカスタマイズする場合も少なくありません。


サイト運営者やユーザーを意図を考慮して「CMS設計」を行うことで、質の高い「カスタマイズ」が可能になっていきます。

「CMS」のカスタマイズで必要な「CMS設計」を行うことで、サイト運営者の負担を減らしてくために必要となっていきます。
「カスタマイズ」はサイト制作前から行うケースと後々にカスタマイズするケースもあります。

「CMS」の設計は運用者の負担を軽減したり現状のページを効率良くリニューアルページに合わせたり出来たり、更新しやすい構成にしたりすることが可能です。

「CMS」の種類によっても「カスタマイズ」の方法は変わります。

最適な「カスタマイズ」はどのようなものがあるのでしょうか。

次に、最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法をご紹介させていただきます。

3、最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法

最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法を知るには、それぞれの「CMS」の特徴を知っておく必要があります。
「CMS」は大きく分けて、「パッケージソフト」と「フルスクラッチ」と「商用CMS」に分かれます。

【パッケージソフト】※ワードプレスやムーバブルタイプなど
◇メリット
・カスタマイズが容易
・デザインのテンプレートが豊富
・無料プラグイン毎に機能が分かれており、分かりやすい
・復数人で管理や更新が可能
・SEOが強い
・費用は抑えられる

◆デメリット
・セキュリティ面に難がある(脆弱性を突かれやすい)
・表示速度が遅いケースがある(サーバーに依存するケースがある)


【フルスクラッチ】※オーダーメイドのCMS
◇メリット
・自社のに合ったオリジナルのCMSの作成が可能
・既存システムとの連携がスムーズ
・セキュリティ面やサポート面がきちんとしている

◆デメリット
・費用がかかる
・開発期間がかかる


【商用CMS】※パッケージソフトとフルスクラッチの中間のCMS
◇メリット
・障害やアップデートにも対応してくれる
・セキュリティ面やサポート面がきちんとしている

◆デメリット
・ライセンス費用が発生する
・カスタマイズが可能だが費用と開発期間が発生する


どのCMSもそれぞれメリット・デメリットがありますが、サイトに特殊性が低いのであれば「パッケージソフト」を選択し特殊性が高いものは「フルスクラッチ」を選択し、両方の良い部分を利用したいのであれば「商用CMS」を選択することが最適だと思います。

最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法としては、サイトの特殊性を判断していくことが必要です。
特殊性が低いのであれば「パッケージソフト」、特殊性が高くオリジナリティがあるサイトであれば「フルスクラッチ」、
セキュリティ面やカスタマイズが必要であれば「商用CMS」を選択していくのが良いかと思います。

「CMS」のカスタマイズには、「Webデザイン面」と「サイトの機能性」があります。
「CMS」のカスタマイズすることで、ユーザーも導入企業にも利点が出てきます。

そのために必要なのが「CMS設計」です。
「CMS設計」を行うことで、サイト運営者の負担を減らしてくために必要となっていきます。

最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法としては、「CMS」の特徴を知っておく必要があり
特殊性を見極めて最適な「CMS」を選択していくことが大切です。

弊社では、「パッケージソフト」と「フルスクラッチ」のメリットを兼ね備えた「商用CMS」をご提供させていただいております。

「独自にカスタマイズを行いたい」「セキュリティ面に懸念がある」など、
「商用CMS」を検討している方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。

まとめ

1.「CMS」のカスタマイズとは?

2.「CMS」のカスタマイズで必要な「CMS設計」

3.最適な「CMS」の「カスタマイズ」方法

4.シフトでは「商用CMS」で開発しているので幅広いカスタマイズが可能

本日のブログで、「CMS」のカスタマイズについて知識を深めていただいたら幸いです。


「CMS」のカスタマイズは必要なのか判断がつかない

「CMS」のカスタマイズしたいが、どのようにすればいいか分からない

「セキュリティ」が強い「CMS」を探している

などありましたらまずは一度、ご相談頂ければご対応させて頂きます。


ご不明点などあればお気軽にご連絡頂ければと思います。

次回も「CMS」に関する情報をご紹介させていただきますので、よろしくおねがいします!

ご質問・ご相談は、
お気軽にどうぞ
とりあえず詳しい資料がほしい
こんなことはできる?
一度話を聞いてみたい
パッケージの詳細が知りたい

03-5847-1281
営業時間:平日9:30~18:30

メールフォーム 24時間365日受け付け