リスティング広告とSEOのメリット・デメリット

2018.06.06

ビジネス

マーケティング

CMS,リスティング広告とSEOのメリット・デメリット

こんにちは、株式会社シフト データアナリスト担当『H』です!

ガンダム好きの方は必見の情報が流れています。

ガンダムの「ハロ」がAIスピーカーとして発売されることが決定しました。

値段は15万円と高額ですが、ついに仮想世界が現実になりつつあります!


所変わって、本日は『リスティング広告』と『SEO』のメリット・デメリットについて
ご紹介させていただければと思います。

◆テーマ:『リスティング広告 SEO』

1.『リスティング広告 SEO』の共通点

2.『リスティング広告』のメリット・デメリット

3.『SEO』のメリット・デメリット

4.まとめ

1、『リスティング広告 SEO』の共通点

SEOとは、Googleサーチエンジンに高い評価を貰い、ユーザーの検索するキーワードの検索結果の上位に

表示してもらうために対策をすることです。

一方、リスティング広告はユーザーの検索するキーワードの部分までは同じですが、
Google側に費用を払うことで検索結果の広告枠の中に掲載してもらう仕組みです。

「リスティング」は「SEO」の上の広告枠に表示されることもあり、比較的ユーザーの目につきやすい部分に表示されます。

「リスティング」は即効性が高く、
管理画面から掲載するキーワードを登録し競合他社が少ないキーワードであれば比較的すぐに掲載されます。

一方「SEO」は、コンテンツを作成し「title」「meta」「description」などのタグを選定、
サイト内に埋め込むなどの作業後にGoogle側で「クローラー」で「クロール(認識)」されるまでの期間があります。

その間は、上位表示されることはありません。

しかし一度、「クロール」されれば上位表示の期間が続きます。
※アップデート等がある場合は除く

短期的に上位表示するために「広告枠」を購入する「リスティング広告」、
時間はかかるものの中長期表示させる「SEO」というそれぞれの特徴があります。

2、『リスティング広告』のメリット・デメリット

<メリット>

・短期間で成果が出やすい

SEOではキーワードによりけりですが、1ヶ月以上かかって上位表示というケースも少なくありません。

競合が多いキーワードでは、半年や1年後ということもあります。

しかし「リスティング広告」では、キーワードによっては「広告費」を入金すればその日のうちに
「広告枠」に表示されるというケースもあります。

・中長期かかる手間を省ける

「SEO」では「コンテンツ」を作成して「タグ」を調整してGoogle側からクロールされるまで待つリスクがありますが、「リスティング広告」では
その期間を省くことができます。

中長期かかると「コスト」面も気になってきますが、これも削減することができます。

<デメリット>

・「広告費」がかかってしまう

キーワードによっては安価なものもありますが、有名なキーワードにもなると
1クリック:何千円というものあります。

即効性がありますが、「広告費」がネックになる場合もあります。

・出稿を止めた瞬間に表示されなくなる

出稿を止めた瞬間に「広告枠」から表示されなくなる仕様になっているため、
その瞬間から集客が止まってしまいます。

・ユーザーのWebリテラシー向上

ユーザーが「広告」と書かれているものは、「宣伝されている」と感じてクリックしなくなり、
SEOよりクリック率が減少しているとも言われています。


『リスティング広告』のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。

「広告費」がかかるものの即効性や手間を省ける点は魅力に思えます。

では、『SEO』のメリット・デメリットはどの様なものなのか?

次はそちらをご紹介させていただきたいと思います。

■『SEO』のメリット・デメリット

<メリット>

・直接費用がかからない

「SEO」で集客する際、費用がかかりません。

「リスティング広告」は、Google側に費用を払うのに対して「SEO」は手間はかかりますが「広告費」はかかりません。

・上位表示が維持される

「リスティング広告」では、掲載終了と同時に広告枠から消えてしまうのに対して
「SEO」は上位表示されていれば上位表示は維持されます。

一度、上位表示されれば継続的に表示されるようになります。

・「リスティング」よりクリック率が高い

ユーザーのリテラシー向上により、「リスティング」より「SEO」で上位表示されたサイトの方が
「クリック率」が高いことが分かっています。

<デメリット>

・中長期の対策が必要

費用がかからない分、自社で「コンテンツ作成」「タグの対策」など中長期での「コスト」がかかってきます。
すぐに表示されないのでモチベーションの維持も必要になってきます。

『SEO』のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。

手間ひまはかかるものの、「広告費」「上位表示維持」は魅力的に感じます。

『リスティング広告』『SEO』のメリット・デメリットについて、ご紹介させていただきました。

『リスティング広告』は即効性があるものの、「広告費」がかかってしまう。

『SEO』は比較的継続して表示されなおかつ「無料」という強みがありながら、手間ひまはかってしまう。

両方を併用することも可能です。

『SEO』を中心に「コンテンツ作成」「メタ調整」を繰り返し、上位表示させてそれが出来なかったものに対して
『リスティング広告』をかけていくなども可能です。

『リスティング広告』をかけながら、『SEO』で上位表示させたものに関しては『リスティング広告」の掲載を止めるなど
『リスティング広告』と『SEO』良い部分を併用していくことがサイトへの「集客」につながります。

弊社では、「マーケティングチーム」があり「Web解析士」が常駐しております。

『リスティング広告』『SEO』はお手の物です。

ぜひ、ご相談ください!!

まとめ

1.『リスティング SEO』の共通点は方法は違うが上位表示させる目的は一緒

2.『リスティング広告』の即効性があるが費用がネックになる

3.『SEO』は「無料」だが手間ひまがかかる

4.シフトでは「Web解析士」と呼ばれる公的機関から認められたマーケティング担当のチームがある

本日のブログで、『リスティング広告』『SEO』での集客に興味を持っていいただければ幸いです。

ご質問・ご相談は、
お気軽にどうぞ
とりあえず詳しい資料がほしい
こんなことはできる?
一度話を聞いてみたい
パッケージの詳細が知りたい

03-5847-1281
営業時間:平日9:30~18:30

メールフォーム 24時間365日受け付け