リスティング代理運用

目次

リスティング広告の特徴

のリスティング代理運用

ポイント1 無駄なクリックを生み出しているワードの除外

出稿するキーワードが「シフト」の場合
「シフト」というキーワードは様々な目的で検索されているため、「株式会社シフト」に関連するワード以外はクリックされないように除外しなければなりません。
「シフト 勤務」のようなミスマッチなキーワードは「除外キーワード」に設定し無駄な費用を抑えます。

ポイント2 キーワードの金額に合わせ掲載中止・金額変更

キーワードは多くの人が検索しそうな有名キーワードは価格が高く、あまり検索されてなさそうなキーワードは価格が低い、もしくは表示されにくいです。
有名キーワードは高額なので、そのまま出稿するのではなく、それに近いキーワードや関連キーワードでニッチキーワードを調査して出稿します。

(例)リスティングの場合

ポイント3 品質スコアが低いものは品質スコア高いキャンペーンに移動

キーワードには品質スコアがあります。
出稿キーワードやキャンペーンなどと、ユーザーが検索しているキーワードがマッチしていると、Google側でその広告は品質が高いと判断されます。
逆に出稿キーワードとユーザーが検索したキーワードに乖離があるものは品質スコアが低くなります。
この場合、品質スコアの高いものに品質スコアが低いものを紐付けると、品質スコアが低いものは品質スコアが高いものに引っ張られ、キーワードによっては安い料金でコンバージョンを上げていくことも可能です。

専任担当者が毎日メンテナンスを行い、無駄な広告費を削減、キャンペーンのブラッシュアップを行い、
効率よくコンバージョンの獲得につなげていきます

効果測定とご提供資料

「Google Analytics」や「Search Console」のデータを用いて、「Google Data Portal」というGoogleの提供しているBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)を繋ぎこみ、効果測定を行います。こちらのレポートはお客様も閲覧できるようURLを共有いたします。
ただ資料をお渡しするのではなく、その見方も含めしっかりと運用内容を打合せでご報告させていただきます。測定結果を基に、お客様が直面している課題を明確にしていき、広告でどのように課題を改善していくかを一緒に考え、細かな分析から最適な広告戦略をご提案致します。

実績

実績事例 釣り具会社 株式会社イシグロ様

売上3カ月連続 前年比UP

リスティング運用のお悩みございませんか?

ページトップへ