MESSAGE代表挨拶

SOLVE,EVOLVE then SHIFT.

自分に厳しく!
そうすれば、人生はあなたに優しくしてくれるはず。

株式会社シフト 代表取締役安野 雅己

安野イメージ画像

アイコンイメージこだわりは「作れる会社」であること

シフトは今までもこれからも、作る会社です。Webサイトを作り、システム
パッケージを作り、お客さまの笑顔を創る。作れる会社であることにこだわっ
ていきたいと考えています。

ITの事業モデルはサービス型と開発型があります。サービス型が主流になって
きた現在でも、シフトは開発を続けます。そのためには色々な技術やさまざま
な情報をキャッチアップし続けていくという大変な努力が必要ですが、内部に
作れるスタッフがいるので怖くはありません。

アイコンイメージ社員が会社を変えていく

人材は会社の財産、という言葉に私は特別な重みを感じます。新しく社員が入
ってくれば、それは新しい風となり、少なからず空気が変わります。それはそ
よ風かも知れませんが、やがて大きな風となって他の社員を刺激するようにな
ることがあります。

社内で作っているパッケージソフトの方向性が大きく変わったり、仕事をとり
進行するための営業スタイルが変化する時、いつも中心にあるのは、初めはそ
よ風だった社員です。
会社を変えてくれるような、ドキドキする出会い。それこそが、私が社員に最
も期待することです。

アイコンイメージ面接で重視していること

採用では、現時点のスキルや能力は重要視していません。見ているのは、会社
のことを好きになってくれるか、会社をいい方向に変えてくれるかという点で
す。

しかし、これは面接の時に分かることではありません。仕事やプロジェクトを
共有することによって分かるものですし、芽生えてくるものでしょう。「この
会社が好き」「この会社のためになりたい」。そう思ってもらえるように、私
日々努力します

アイコンイメージ仕事を楽しむためのコツ

子どもの仕事は遊ぶこと。では、オトナの仕事は? 文字通り「仕事」です。
遊ぶことが楽しかったように、仕事も本来は楽しいもののはずなんです。ただ
、仕事を楽しむのには「コツ」がいります。

十分なスキルや自信を持って発言できるポジションがあってこそ、仕事はより
楽しくなるもの。自分で作り上げていくのはとても難しいですが、シフトでは
楽しむ姿勢を徹底サポートします。

アイコンイメージ個性を見極めてサポートする教育

まずは、不満や不安を溜め込まなくていいよう、上司・部下といった括りでは
なく、いいチームを作れるように心がけています。その上でやっと、いい教育
ができる
と考えます。

例えば、営業職でも、プレゼンが上手な人、人と話すのが好きな人。色んな人
がいます。その個性や、やりたいことを見極め、成長をサポートする。それが
シフトの教育です。やりたいことはやりたいと声を上げてください。聞いてく
れるチームの仲間がいます。

アイコンイメージ変わらないこと、変わったこと

小さな会社から始まって、50人以上の中企業となった今でも変えていない習
慣があります。それは「対面で話すこと」です。昔より時間がかかり、一人ひ
とりを知ることは難しくなっていますが、今後も続けていくつもりです。

それでも細かく目が届かないところは出てきますので、人数が増えるにつれて
チーム制へと移行しつつあります。個人目標に加えてチーム目標を持つように
なることで協力体制が強化され、より思いやりのある職場になりました。チー
ムメンバーは他の仲間を守る、みんなそれを意識せずとも行動できているよう
に感じます。

私はチームメンバーを目一杯、贔屓していいと思っています。「こんなことが
できるようになったんだよ」「あんなこともお願いできるようになりました」
。そういった話を聞くことが、何より嬉しく、一緒に仕事できることに誇りを
感じます。

TOP