INTRODUCTION社員紹介

H.K イメージ画像

多様な企業の仕事を学ぶことが可能

ディレクター H.K

H.K イメージ画像

1.企業の業務や経営について学べるチャンスがあり、自己成長ができると思いました。実際に入社して3カ月でたくさんの企業を訪問し、様々な人との出会いがあり、コミュニケーションをすることで知らないことをたくさん学べています。
2.ビジネスモデルに共感を持てたから
最近IT業界ではサブスクリプション型のビジネスモデルが多く、システムを利用していない月も料金が発生し、システムを維持するコストは企業の負担になっています。しかし、シフトではライセンスの買取型で企業にとって安心してシステム投資が可能で営業としても非常にお客様に案内しやすく、他社との差別化が図れています。
3.一緒に働きたいと思える人たちと出会えたこと
人生100年時代で定年がない時代を迎えるにあたり、長期的に一緒に働ける人と仕事をするべきだと考えていました。そんな中シフトの方と出会いコミュニケーションすることでシフトの人たちと仕事をしたいと思いました。

H.K イメージ画像

現在の仕事内容を教えてください。

営業・ディレクター
営業:展示会の案内、問合せ対応、営業活動、提案資料作成、見積作成、請求書作成
ディレクター:決まった案件の資料作成(ヒアリングシート、URLリスト、簡易的な画面設計、簡易的なDB設計、データ移行手順など)

シフトのどんなところが好きですか?

1.コミュニケーションがITとリアルの融合をしているところ
案件が決まると定期的が集まりリアルで打合せをして、進行中の確認事項などはチャットやメールが飛び交っています。コミュニケーションの効率が非常に良いと思います。打合せしているときは、雑談などもあり笑っていることが多いです。
2.仕事のやり方にはルールがないところ
常に企業に合わせて最善な方法を考えて仕事をしなくてはなりません。提案書・見積書の作成や営業時の話し方など考えることが多いです。

仕事のやりがいを感じるときは?

人のために役立っていると感じるとき
展示会などで製品説明や会社説明をしていると、お客様が利用されているCMSより優れている。凄くいいですねと言って頂けることが多いです。人と話しているときは常に楽しくやりがいを感じています。

職場の雰囲気を教えてください

みんな黙々と仕事をしています。WEB制作とシステム開発ではしゃべっていると生産性は落ちるので仕方ないと思います。月1回の食話会では全員で食事をして雑談するとみんなおしゃべりですごく楽しいです。

入社前と入社後のギャップを教えてください

入社前にシフトの事をたくさん話してきていたので、ギャップはそんなに感じていないです。入社してわかったことは、考える時間が多く必要であることです。営業で提案する際は、相手のことを知って最善の伝え方をしないと受注につながりません。事前の資料準備や調査も重要な仕事だと思いました。

仕事へのこだわり、譲れないポイントはありますか

こだわりは持たないようにし、プライド高くしないこと。
日々、生産性を高めるにはどのような仕事の仕方をすべきか柔軟な考え方が大切だから。
私は仕事のやり方は常にどうすれば効率的になるかを意識するしています。

休日は何をしていますか?

平日は実家の神奈川から出社し、週末は山梨の自宅に帰り子供たちと遊んでいます。
以前とは、休日の過ごし方はすごく変わりました。週末にしか会えない子供たちと過ごす時間を大切にするようになっています。
月曜の朝、出社した時に忙しくならないよう休日でも暇な時間はあるので、メールチェックや翌週の準備を少し作業しています。そのため、休み明けに出社した時にはすぐに作業をすることが可能です。

入社後の印象に残るエピソードを教えてください

展示会では私からしゃべりすぎて、お客様にセミナーを聞いているみたいですねと言わせてしまったこと。
私が話し過ぎてしまったと反省しています。相手の話を聞く事も重要なのでバランスよくしていきたいです。

どんな人がシフトにあうと思いますか

思いやりがある人
社内には職種が異なる人たちがたくさんいます。相手を思いやりどのようなコミュニケーションをすべきか、何をしたいのかを明確にできないとよいサイトはできないと思います。

今後(3年後)の目標を教えてください

安野さんがいなくてもしっかり、プロジェクトが進行できるようになりたい。
あとは、新規事業を立ち上げたいです。

人形町の印象はどうですか(おすすめのお店など)

静かなところ、車や自転車の交通量が少なく安心して歩けます。

シフトでは、多様な企業の仕事を学ぶことが可能です。実際に案件が決まると業務をどのように行っているか迄詳しくヒアリングをして、業務効率化の提案などを行う時もあります。この仕事を通じて自己成長をしたいと思える方にはすごく勉強になると思います。

TOP